まとめ記事

【保存版】アウトドアウェアのブランドの格付けとイメージ一覧まとめ

Outdoor brand アウトドアブランド

出典:https://hinata.me/article/758938878315931010

突然ですが、あなたはいくつのアウトドアウェアブランドを知っていますか?

今回はアウトドアウェアブランドについて、そのブランドイメージや製品などを紹介していきます。
男性なら一度は聞いたことがあるアウトドアウェアブランドもあるかもしれませんが、意外と知らないのはそれぞれのブランドイメージ
女性はほとんど(一部の山ガール的な人は除いて)知らないし、聞いたことすらないという人も多いのではないでしょうか。

そんな名前は知っているけど、どんな製品を扱っていて、どんなブランドイメージなのかを元アウトドアウェアスタッフのボクが紹介しちゃいます。

さらに一般的なアウトドアブランドの評判や格付けも紹介していきますので参考までに。
アウトドアウェアブランドが好きな人はもちろん、全然わからない人にもわかりやすく説明しますので必見です!!
じっくり読んでみてください。

目次

アウトドアウェアブランド

1.Patagonia(パタゴニア)のイメージ

パタゴニアは、登山、サーフィン、スノー系のアウトドアスポーツウェアや軍用に製品製造、販売するメーカー、ブランドです。

環境問題などにもとても力を入れていて、製品の製造過程や素材などだけでなく、環境活動にも会社をあげて取り組んだりしています。
アメリカのカリフォルニア州のヴェンチュラに本社があり、日本は横浜市戸塚区にパタゴニア日本支社をかまえている(以前は鎌倉に日本支社がありました)。

www.patagonia.jp

ブランドイメージは、製品の質がよくファッション性も高く、他にはない独特なスタイルが人気という感じ。
アウトドアスポーツ向けに作られている製品はデザイン性が高く、若い人から年配のファンの方にも幅広く支持されていて普段から着ている人も多い。
シンチラというパタゴニアの代表的なフリースがありますが、フリースブームの先駆け的存在。

パタゴニアのフリースは、パタゴニアフリースを種類別に紹介。悩んでいる人必見!!で詳しく紹介しています。

近年、環境問題やオーガニック思考の人達が増えているので、そういった人達には絶大な人気があります。

KAVU(カブー)のイメージ

KAVUは“Klear Above Visibility Unlimited”の頭文字をとってつけたブランド名で、もともとは“Clear Above Visibility Unlimited”(視界良好とか快晴の日という意味)でCAVUで、パイロットたちの間で使われていた航空用語的なスラングからきた言葉です。
ClearよりKlearのほうがユニークでひとクセある感じなので、CをKに変えて使ったそうです。
KAVU | カブー

KAVUはフィールドで役に立つギアやウェアをオリジナルの斬新なデザインで作っています。
アメリカのカヌーチームやオーストラリアの山岳レスキューチームなどにも採用されているぐらいその機能の高さはお墨付き。

ブランドイメージは、KAVUはその独特なデザイン性が一番の特徴です。
そして、すこしクセがある人や人とは違う何かを持ちたいという人がよく愛用している傾向があります。
中でも、キャップやハット(帽子)はKAVUと言ったらこれ!というぐらい一番有名な製品になります。

「KAVUはちょっと面白い独自のスタイルを持っている人が愛用してるイメージ」

人気製品紹介

3.Columbia Sportswear(コロンビア・スポーツウェア)のイメージ


コロンビア・スポーツウェアは最初オレゴン州のポートランドで帽子問屋から始まり、スキーグローブの会社と合併して、1960年にコロンビア・スポーツウェアが誕生しました。
本社はオレゴン州ワシントン群にあり、アウトドアウェア・ギアの製造販売を行っています。
日本はコロンビア・スポーツウェアジャパンが1997年に設立されて、本社は東京都新宿区に位置しています。
www.columbiasports.co.jp

コロンビアのイメージとしては、ほかのアウトドアウェアブランドに比べて価格が抑えられていて、手ごろな感じでアウトドアウェアを買うことができるのが特徴です。
多くのショッピングモールやディーラー店などで取り扱いがあり、気軽に買えるようなイメージがある。

アウトドアウェアブランドではユニクロ的存在ではないだろうか。
近年ブームになっている、「山ガールズ」の間ではカラフルな色合いとデザインが人気に。
ある程度の品質もあり、価格も抑えられているのでまず何か一着欲しいとか、リーズナブルな製品がほしい方にはおすすめのブランド。

公式サイトはこちらから⇒コロンビア公式サイトスト

4.HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)のイメージ

ヘリーハンセンはヨーロッパノルウェー・オスローに本社を置き、防水・防寒などを得意とするアウトドアウェアブランドです。
1877年にもともと船長だったヘリー・ユール・ハンセンがノルウェーで漁師向けに防水ウェアを作ったのが始まりになります。

それゆえに、特にヨットやボートなどのマリンスポーツでは絶大な人気と知名度があり、アメリカで有名なヨットレースのアメリカズカップなどではよく目にします。
日本はというと、1983年にゴールドウィンが販売総代理店になって販売をしています。
www.goldwin.co.jp

ハリーハンセンのブランドイメージは、やはりヨットや船をやっている人が使っているイメージ。
特に年配の方や、富裕層の方が愛用しているような感じですね。
やはり、船やヨットなどの過酷な条件下で使うので機能面ではとても品質が高く良さそうですね。

人気製品紹介

ボーダーの柄はマリンテイストを意識したデザインで、ハリーハンセンは「海」というイメージにつながります。

5.MILLET(ミレー)のイメージ

ミレーはフランスのアウトドアブランドで主にウェアやバックなどを中心に展開しています。
もともとは布製のバック製造会社から始まっているので、バックには定評があるのはここがルーツだからです。
1950年に人類史上初の8,000m峰登頂時に使われていたがミレーのバックで、そこから一気に有名になりました。そこから有名アルピニストや登山家などと契約するようになり、世界でも有名なアウトドアウェアブランドにまでなりました。
www.millet.jp

とはいうものの、ブランドイメージとしてはやはりバックになりますね。
ウェアもあるのですが、すごく山が好きな人などはミレーのバックを使ったりとか一時期そんな流れもありました。

2017年現在では少しバックのほうも人気に陰りが見え始めて、グレゴリーやほかのブランドに押されている感じはあります。
あとウェアに関しては、山というより街着として使っている方が多いのかなという印象。