パタゴニア

【パタゴニア直営店舗】一覧を地域ごとに紹介|全国まとめ

👤「パタゴニアの直営店舗はどこにあるの?」
👤「パタゴニアの直営店舗の品揃えや取り扱っているものは??」
今回は、パタゴニアの直営店舗の情報を分かりやすくまとめてみました。

北は北海道から、南は九州の福岡までパタゴニアの直営店舗を地域ごとにまとめました。

※パタゴニアの新店舗ができたら随時更新していきます。

お近くのパタゴニア店舗をお探しの際や、品揃えやどんな製品を取り扱っているのか、その直営店舗の特徴なども分かるようにしていますのでご活用ください。

パタゴニア直営店舗の3つ知っておきたいポイント

大人気のパタゴニアですが、直営店舗にお買い物に行く前に元スタッフが教える、これだけは知っておくべきポイント3つを紹介します。

最新シーズンの製品を展開

パタゴニアの直営店舗は、基本的にはそのシーズンの最新製品を取り扱っています。

だいたいシーズンで分けると、

  • 9月から2月ぐらいまでが秋冬
  • 4月ぐらいから8月までが春夏

こんな感じです。

2月、8月のセールが狙い目!?

そしてその最新のシーズンが終わるとだいたいセールが行われます。
これはほとんど時期が決まっていて、通年2月、8月の時期にパタゴニアはセールを行います。
すこしでも安くパタゴニアを買いたい方は、パタゴニアセールの時期はいつ?冬と夏セールの上手な買い方を紹介で解説しているので参考にしてください。

そして、そのセールが終わると今度はアウトレット店舗に余った製品が移動するようになっています。こちらの毎日がセール!?パタゴニアのアウトレット全店舗紹介で解説しています。

直営店舗によって特徴がある

パタゴニアの直営店舗は、その地域の特徴や特性を理解して店舗で取り扱う製品などを変えています。

分かりやすい例でいうと、

北海道でサーフィンばかりの製品を置くよりも、スキーやスノーボードに関連した製品を置いた方が需要があるということです。

そして、その土地に精通したスタッフがいることもパタゴニアの直営店舗ならではないでしょうか。
では、ここから地域別にパタゴニアの直営店舗を紹介していきます。

【北海道】パタゴニア店舗

パタゴニア 札幌北

札幌にはパタゴニアの直営店舗は2つしかありません。
1つが「パタゴニア 札幌南」のアウトレット店舗で、もう1つがここ「パタゴニア 札幌北」です。
札幌の中心部に位置して、札幌のパタゴニアファンに愛されている店舗です。

こちらの「パタゴニア 札幌北」の取り扱い製品は、特長としては冬はスキー・スノーボード関連の製品が多くある印象。

スタッフも北海道出身の方やスキーやスノーボードに精通している方が多いので、相談やアドバイスはとても参考なるはずです。
意外なのは北海道でサーフィンをしているスタッフもいるので、北海道でサーフィンをやりたい人にも色々教えてくれるかも。

あとは通年、ライフスタイルで使えるパタゴニアの製品はバランスよく展開しているので、普段着る物を探している方でも大丈夫です。

【東北】パタゴニア店舗

パタゴニア 仙台

「パタゴニア 仙台」は、東北地方第一号店として2008年にオープンしました。

東北ではフライフィッシング、スキー・スノーボード、山など多くのアウトドアシーンに直結した地域として、とても人気の店舗になっています。

取扱製品は、男性・女性のライフスタイルからアウトドアで使えるウェア、キッズ・ベイビー製品など、幅広い製品を展開。


【関東】パタゴニア店舗

パタゴニア 東京・渋谷

「パタゴニア 渋谷」は、パタゴニアの店舗の中でも1、2を争うぐらいの混んでいる店舗で、渋谷のキャットストリート沿いにあります。

大都会渋谷から、パタゴニアの理念や高品質の製品を多くの人に触れて、見てもらえるそんな店舗になっています。

スタッフもベテランのスタッフから若い学生のスタッフまで幅広くいます。
取り扱い製品は、ファッションで着るものから、本気のアウトドアシーンで使えるものまで幅広く取り揃えています。

さらに、環境意識が高く渋谷の清掃活動なども近隣のショップと連携して定期的に行っているのもパタゴニアらしいですね。

パタゴニア 東京・神田

「パタゴニア 神田」は、その土地柄スキー・スノーボードの取り扱いがとても充実している。
神田といえば、スキー・スノーボードのお店が集まっていることで有名ですね。

「パタゴニア 神田」の店舗はそれほど広くなく、神田という町の中にひっそりあります。


取扱製品もそこまで多くはないですが、この「パタゴニア 神田」に行く常連のお客さんは非常に多い。

それぐらい神田のスタッフがお客さんと密になって、製品や環境、アウトドアフィールドの話などを提供していたりするからかもしれません。
このスタッフがいるから神田に行く、そんなコアなお客さんが多い印象です。

パタゴニア 東京・ゲートシティ大崎

「パタゴニア 大崎」は、渋谷と争うぐらい売上も多く人気の店舗です。
JR大崎駅から直結していて、アクセスも便利で出張や仕事で訪れたビジネスマンなどが立ち寄ることもしばしば。

店舗も2フロアに分かれていて、とても広くゆったり店内が観れます。
取扱製品も多く、タウンユースで使えるアイテムから本格派のアウトドアで使える製品まで取り揃えています。

「コミュニティールームみたいな小屋みたいなスペースなどもあってオシャレです」

パタゴニア 東京・吉祥寺

住みたい街ランキングでも上位に入ってくる吉祥寺、そんなエリアに「パタゴニア 吉祥寺」はあります。

やはりファミリー層や若い人が多いエリアなので、キッズ製品から大人のライフスタイルで使える製品を中心に取り扱っている。
もちろん、本格的なアウトドアシーンでも使える製品も取り扱いしているし、アウトドアスポーツにコアなスタッフもいるので安心。


パタゴニア 東京・丸の内

 

View this post on Instagram

 

#パタゴニア丸の内 #パタゴニア #Patagonia

パタゴニア 東京・丸の内さん(@patagonia.marunouchi)がシェアした投稿 –

「パタゴニア 丸の内」は、東京のど真ん中に位置する皇居が目と鼻の先にある店舗です。
もともとは、期間限定の店舗でスタートしたのですが、そのあと正式にパタゴニアの正式直営店舗として2014年からオープンした。

こちらは東京・丸の内という土地柄、ビジネスマンの方や地方から仕事で来る方などが多い印象。
皇居も近いこともあってランニング製品を探している方もいたり、ビジネスや旅行なども製品を探す人も。


パタゴニアのライフスタイル製品を中心に、環境配慮と機能性をもったアウトドアシーンでも使える製品が並ぶ。
さらに、ご家族などでも楽しめるキッズ・ベイビー製品も充実している。

店舗自体はそれほど広くはないが、ランニングやアウトドアに詳しいスタッフも多いので気軽に相談できる、そんな素敵な空間になっています。

パタゴニア 東京・二子玉川

「パタゴニア 東京・二子玉川」は、都内にも近く多摩川や河川敷など自然の豊かにある人気のスポットに2016年オープンしました。

店舗のコンセプトは、「ライフスタイル」寄りだが街からアウトドアシーンでも使えるパタゴニアらしい機能性と高品質の製品を取り扱っている。
さらに、二子玉川という土地柄ファミリー層も多く、キッズ・ベイビー製品も豊富に取り扱っている。

店舗内はオシャレでパタゴニアの世界観や環境へのメッセージなども展示してあります。

パタゴニア 鎌倉

 

View this post on Instagram

 

. 笑顔が溢れる場所 目的地となる場所 変化が生まれる場所 Welcome to patagonia Kamakura . #patagonia #パタゴニア #パタゴニア鎌倉 #鎌倉

パタゴニア 鎌倉さん(@patagonia.kamakura)がシェアした投稿 –

「パタゴニア 鎌倉」といえば、パタゴニアを代表する店舗の一つです。
お客さんの中には「パタゴニア 鎌倉が本店でしょ?」というぐらいパタゴニアの中でも注目されている店舗なのです。

この「パタゴニアの鎌倉が本店でしょ?」ということについては、パタゴニアの本社、本店はどこ?東戸塚、ベンチュラ?元スタッフが解説で詳しく解説しています。
意外とパタゴニアの本店・本社については、気になっている人が多いので参考にぜひ読んでみてください。

ボクも初めて行ったパタゴニアの店舗がここ鎌倉でした。
お店の雰囲気や、スタッフ、流れる空気すべてが鎌倉という土地にもあっていて、居心地がいいなと感じたのを覚えています。

現在、リニューアルを経てフロアは1階と2階に別れています。
1階はキッズ・ベイビー、女性ものやライフスタイル製品が多く、2階は男性やサーフィン関連の製品がありました。
2階にはパタゴニアらしいくつろげるコーナーがあって、ソファーや環境などに関連する本なども置いてあります。

スタッフはやはり店舗が鎌倉で海も近いので、サーフィンをしているスタッフが多くサーファーには最高です。
サーフィンのポイントの話やサーフボード、ウェットスーツなどの話で盛り上がったりできます。

パタゴニア 横浜・関内

 

View this post on Instagram

 

インスタ、はじめました。 #パタゴニア横浜 #パタゴニア #Patagonia

パタゴニア 横浜・関内さん(@patagonia.yokohama)がシェアした投稿 –

「パタゴニア 関内」は、横浜のビジネス街に店舗を構えています。
店舗の特徴としては、まず落ち着いた横浜の雰囲気で店内も広々としてとても見やすい。

店内の手前に男性の製品が並び、奥側に女性やキッズ・ベイビー製品が種類豊富に並んでいます。
周りがビジネス街なので、よくお昼の時間帯や仕事が終わってから来るお客さんが多いのが特徴。そのほかの時間帯はゆったりしているので、ゆっくり見たい方はそこが狙い目です。

環境意識の高いスタッフやユニークでとても面白いスタッフもいたりと、個性的なスタッフが多い。
ランニングや山、サーフィンなどにも精通しているスタッフがいるので安心して色々相談もできます。

【東海】パタゴニア店舗

パタゴニア 名古屋

「パタゴニア 名古屋」は2018年にリニューアルオープンしました。

地元名古屋の素材やリサイクル素材などを使った環境に配慮したパタゴニアらしい店舗になっています。

取扱製品は、アウトドアスポーツ用のウェアはもちろん、ライフスタイル、キッズ・ベイビー製品、パタゴニアプロビジョンの食品やビールなどパタゴニアのすべてがそろった商品展開になっています。

さらに、地元ともっとつながるがコンセプトの「パタゴニア 名古屋」は、コミュニティースペースもあってワークショップや環境の情報交換などとしても使えるようになっています。

 

【関西】パタゴニア店舗

パタゴニア 京都

「パタゴニア 京都」は、2012年に烏丸御池の新風館内に国内19店舗目としてオープン。
2016年に、現在の下京区四条通へ移転しリニューアルオープンした。

大崎より売り場面積が広いとは!これはかなり広々なパタゴニア直営店舗になったんですね。

店内は京都ならではの町作りの雰囲気を残しながら、パタゴニアの世界観が感じられるようになっています。
取り扱い製品は、フルに揃えてあってサーフィン、スキー・スノーボード、クライミング、ラン、フィンシング、ライフスタイルやキッズ・ベイビー製品など見ているだけでも楽しめます。

パタゴニア 大阪

「パタゴニア 大阪」は、心斎橋駅の目と鼻の先にあります。
周辺にはパタゴニアの正規取扱店や、パタゴニア サーフ・大阪もあって、まさに大阪パタゴニアの激戦区といった感じの場所です。


関西のパタゴニアの中心的店舗になるので、取扱製品も多く、新製品はいち早く入荷しています。

パタゴニア 神戸

 

View this post on Instagram

 

神戸ルミナリエの準備が着々と進んでいます。神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともにら都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催され、24回目を迎える今年の開催期間は2018年12月7日(金)〜12月16日(日)の10日間です。 開催期間中、東遊園地に続く道の途中に位置する神戸ストアは毎年幻想的な雰囲気に包まれます。年に一度の特別な時間をパタゴニア神戸でもお過ごしください。 ・ #パタゴニア神戸#ルミナリエ#ルミナリエ2018#patagoniakobe

パタゴニア 神戸さん(@patagonia.kobe)がシェアした投稿 –

関西エリアでやはり目立つのが大阪、京都の二店舗ですが、「パタゴニア 神戸」も地域に根付いたとてもいい店舗です。

モンベル、コロンビア、LL.Bean、パタゴニアとアウトドアブランドもひしめくエリアにあります。
そして、神戸といえば神戸ルミナリエが「パタゴニア 神戸」の近くで、冬の時期はとてもにぎわいます。

【中国・四国、九州】パタゴニア店舗

パタゴニア 広島

「パタゴニア 広島」は、2018年にオープンしたパタゴニアでは23店舗目で、さらに中国地方初となる直営店舗です。
「パタゴニア 広島」については、【パタゴニア 広島】ストアは?取扱は?中国地方初の直営店を紹介で詳しく紹介しています。

「広島の店舗はまだ行っていないので、行くの楽しみです!」

 

パタゴニア 福岡

 

View this post on Instagram

 

Welcome to patagonia FUKUOKA STORE #パタゴニア福岡 #patagonia #entrance

パタゴニア 福岡さん(@patagonia.fukuoka)がシェアした投稿 –

「パタゴニア 福岡」は、パタゴニアの九州初の直営店舗としてオープン。

地上5階建てで、全5フロアはコンセプトごとになっていて広々とした店内。
製品も幅広く展開していて、スキー・スノーボードからライフスタイル、キッズ・ベイビー、さらにサーフィンまで展開している。

さらに、パタゴニアが力を入れている食品部門の製品も数多く並んでいます。
パタゴニアの食品の一つ、環境配慮型ビールについては【パタゴニア ビールレビュー】Long root ale(ロングルートエール)を飲んでみた!!で紹介しています。

「パタゴニア 福岡」では、パタゴニアの環境に関するメッセージも多い店舗なのが特徴。
店舗内には環境に関するパネルや展示されているものを見れるようになっている。

パタゴニアのアウトレット店舗一覧

その他に新しい製品が並ぶ直営店店舗とは別で、パタゴニアではアウトレット店舗も展開しています。
アウトレット店舗に関しては、毎日がセール!?パタゴニアのアウトレット全店舗紹介で詳しく紹介していますのでチェックしてみてください。

以上、パタゴニアの直営店舗一覧を地域ごとに特徴などを交えながら紹介しました。