パタゴニア

【名作】パタゴニア フーディニのサイズや洗濯、着こなしまで全解説

パタゴニア フーディニ
「パタゴニアで薄手のちょっとしたときに着れる物ってないかな?」
「パタゴニアのフーディニって実際はどうなの?薄すぎるかな…」
そんなふうに思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はパタゴニアの人気製品、パタゴニア・フーディのサイズ感、洗濯方法・メンテナンス、たたみ方・収納方法や、着こなしまでを完全解説します!

パタゴニアってなに?というかたへ。

パタゴニアのフーディニの購入を考えている方に、少しでも参考になればうれしいです。

パタゴニア フーディニについて

パタゴニア フーディニ
出典:http://wear.jp/item/304169/
パタゴニアのファンなら絶対持っていたい、そんな名作中の名作がフーディニジャケットです!!

驚くのはその軽さと薄さ!!
羽のように軽量なジャケット、ということでなんと102g!!

超軽量で、すけるぐらい薄い生地なのに風もよけれるし、撥水加工がほどこしてあるので急な雨もはじいてくれる優れもの。

ファション性が高いので街着として着こなせるし、山にも使えたりと本当に多用途に活躍してくれます。
フーディニは必ずバックに入れておきたい、そんな便利な製品です。

パタゴニア・フーディニのサイズ感

パタゴニア・フーディニに関しては、スリムフィットになっているので普通の製品よりピッタリ目と考えてください。
自転車やランニングなどに使えるようにデザインしているので、サイズ感としてはあまりゆったりはしていないです。

基本的にはパタゴニア製品はUSサイズなので、日本のサイズより大きめです。
ただ、サイズ感やフィット感が各製品によって違ってくるので、できればお店で試着するのをおすすめします。
>>関連記事:【パタゴニア製品のサイズ選びは?元スタッフが教える大事なポイントとは

175cm、70kgでMがジャストサイズ。秋口からヘビロテしそうです。

出典:楽天

ボクは秋口までフーディニジャケットは使ったりするので、あまりピッタリのサイズだと中に着れません。
なので、ボクの場合すこしゆったり目のMサイズを着ています。
体型は、身長は175cmで体重60kgぐらいのすこしスリムな感じです。

春・秋の気温が高い時にはTシャツや薄い物の上に、サッと着ることもできます。
逆に少し気温が下がってきた時は、中に薄いフリースやトレーナー、シャツなどを着ても着れます。

パタゴニアのサイズって本当に難しいですよね~。

パタゴニア・フーディニを洗濯しちゃおう

パタゴニア フーディニジャケット
洗濯方法は普通に家で洗濯する感じでOK。
ただ、注意点が3つあります。

  1. 漂白剤が入っていない洗剤(漂白剤で表面の撥水加工が取れてしまうので)
  2. ファスナーは必ず閉めて、しぼっている裾などのコードもゆるめておく
  3. 自然乾燥で大丈夫だけど、直射日光はさけ、風遠しのよいところで乾かす

※長く使っていくと表面の撥水加工が弱まってきて、雨などを弾かなくなる。
なので、まず洗濯をして表面の汚れをしっかり落として、自然乾燥させる。
最後に低温の乾燥機で軽く5分ぐらい乾燥させると、撥水加工がよみがえります。

フーディニの洗濯するタイミングは、少し使ったら洗う感じがいいと思います。
といっても、普段ちょっと着るぐらいなら毎回洗濯する必要はないですが。
そんな時は「ちょっと使ったな~」と感じるぐらいで洗濯してください。

パタゴニア・フーディニのたたみ方と収納方法

パタゴニアのフーディニって、収納できるの知ってますか?
意外と知らない人も多いので、ここで紹介しますね。

じつは、胸ポケットを裏返して収納できるようになっています。
パタゴニアは他のジャケットや製品なども、こんな感じでコンパクトに収納できるようになっています。

たたみ方のコツは「ぐしゃぐしゃに入れる」です。笑
キレイにたたんで入れようとすると、逆に入らないです。
あとは、最初から隅の方までしっかり押し込んでいくように入れていくとGOOD。

こんな感じでかなり小さくなるので、パンツのポケット、バックのサイドポケット、カラビナというフックみたいなのを使えばいろんなところに引っ掛けることもできます。

実際にパタゴニア・フーディニを使ってみた感想

ボクは街でも山でもこのパタゴニア・フーディニジャケットを使ったことがあるので、使った感想を書いていきます。

汗の抜け感

透湿性(ジャケットなどの内側から湿気などを外に出す)は、有名なゴアテックスなどに比べたらやはり劣るかな。
汗が抜ける感じはフーディニにはなく、むしろレインウェアのほうがベンチレーションといった換気ジッパーがほとんどついているので、汗の抜け感はレインウェアのほうが良い。

ボクも実際使ってみたけど、少し自転車とかだと汗ばむことが状況だと、汗は全然抜けないなという印象。
内側がペタッとくっつく感じ。

雨は大丈夫なのか

まずは街で突然の雨が降ってきたときに、雨具の代わりに使ってみました。
基本的にフーディニに防水機能はないので、軽くはじくくらいの小雨ならOK。

少し時間が経ってくるとフーディニが雨をはじかなくなり、しみて濡れてきます。
例えば、街でちょっと雨が急に降ってきたらサッと着るぐらいならとてもおすすめ。

風よけとしては

ボクの一番おすすめのフーディニの使い方は、風よけとして使うです。
例えば、ちょっと肌寒い時とか、風を受けるような状況などには最適ではないかなと。

ボクは夜仕事から帰ってくるときに、すごく重宝した経験があります。
日中は意外と日があったりで、暖かいから薄着で出かけちゃったりすると、夜意外と冷え込んで寒い時ってありません?
そんな時にバックからフーディニをサッと出して、着て帰ると結構風もよけられるし、暖かくて快適でした。

2018年春夏モデル パタゴニアのフーディニシリーズ6選

パタゴニア・フーディニ・プルオーバー

少し前に発売された製品で、フーディニ・プルオーバーです。
2018年の春夏からフーディニーのプルオーバーがなくなっていました!

代わりに、エアシェッド・プルオーバーがメンズ&ウィメンズともに新製品で出ています。
フーディニーの素材ではなくて、ナノエアを使ったりしているようです。
こちらはまた記事にします。

パタゴニア・フーディニ・ベスト

「ジャケットまでは必要ないけど、体の中心は冷やしたくない」、そんなあなたにはこのフーディニ・ベスト。
ランニングや自転車をやる人にはよさそうです。

ウィメンズのフーディニベストは2018年からなくなっていました。

パタゴニア・フーディニ・パンツ

男女兼用のフーディニ・パンツ。
ずっとパンツは無くて、パンツも欲しいという声にこたえた製品。
上下セットアップで持っておきたい。

パタゴニア・アルパイン・フーディニ・ジャケット

「フーディニみたいに薄くて、軽くて、さらに雨でも大丈夫な防水の製品ってないの?」、それがこのアルパイン・フーディニ・ジャケット。
フーディニ・ジャケットは撥水加工しかしてないので、普通の雨だとしみて濡れてしまいます。
でも、このパタゴニア・アルパイン・フーディニ・ジャケットはフーディニみたいなんだけど、防水機能を付けたジャケットになるので雨でも心配いりません。

こちらのアルパインフーディニジャケットも2018年度から製品がなくなって、代わりの製品としてストームレーサージャケットが出ています。
こちらも記事にしていきますね。

パタゴニア・アルパイン・フーディニ・パンツ

なんとアルパインフーディニパンツも、2018年からは出していません。
今現在ある、アウトレット製品のみで、値段は少し安くなっていますね。

それに代わるような新製品も今のところ見当たらないですね。
パタゴニアの製品は廃盤になる製品もあります。
アルパインフーディニのシリーズも廃盤ですかね~。

フーディニは街中でもめっちゃ便利でかっこよく着こなしできちゃう!!


こんな感じでサッと着れて、アウトドアシーンだけじゃなくて街中でも超カッコイイ!!


家事や育児に忙しいママにも人気のようです。
かわいい着こなしですね。

名作パタゴニア フーディニは愛され続けている

パタゴニアのスタッフで持っていない人はいないぐらい、いい製品パタゴニア・フーディニジャケットです。

ボクも一年中バックに入っていて、急な雨、寒い時や悪天候などにいつも使っている便利なフーディニ製品です。
街でもオシャレに着れるし、登山やアウトドアシーンにももちろん使える便利なやつです!!

ぜひ、まだ持ってないという方は一度近くのお店で試着してみてください。

▼パタゴニア好きなら、こちらの記事も絶対に読んだほうがいい!!▼