サーフィン

【サーフィンでつける腕時計】おすすめ人気5選を湘南サーファーが紹介

サーフィン 腕時計 人気 おすすめ
「サーフィンの時と普段でも使える腕時計ってどれが良いの?」
「海でガシガシ使えて、タイドグラフ(潮の動き)が分かる腕時計が欲しい!」
「いろいろブランドがあってどれがいいのかわからない…」
こんな風に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 

・NIXON(ニクソン)

・G-Shock(ジーショック)

・SHARK(シャーク)

・RIP CURL(リップカール)

・Vestal(ベスタル)

だいたいこの5種類がサーフィンの時に使えそうな代表的な腕時計ですが、どれを選べばいいのか本当に悩みます。

結論から言うと、
「ニクソン」が一番良いです!

ボクも腕時計は「ニクソン」を使ってますが、サーフィンでもガシガシ使えて、オシャレでカッコよく普段でも大満足!

当記事では湘南やハワイでサーフィンをしているボクが、サーフィンの時と普段でも使える腕時計のポイントをお話していきます。

分かりやすく解説していくよー。

 

サーフィンに使える腕時計とは?

サーフィン 腕時計 人気 おすすめ
サーフィンで使う腕時計で必ず見るべきポイントが3つあります。

  1. 防水機能
  2. 見やすさ
  3. フィット感

基本的に海の中でサーフィンをしてて、時間を確認したいということがサーフィンの時に腕時計をする目的だと思います。
サーフィンは知り合いや友達と行くこともありますが、1人の時も結構あります。
>>関連記事:【サーフィン初心者は一人でも大丈夫?サーフィンを一人で始める方法
海の上だとどのくらいの時間サーフィンしたかとかわからなくなるので、腕時計で時間を確認できると便利です!

なので、まずは海の中でも大丈夫な防水性、時間の見やすさ、サーフィン中でもジャマにならないフィット感が重要です。 

さらに、街でも使えるようなオシャレなデザインの腕時計がいいですね。
それでは順番に分かりやすく解説していきましょう!

サーフィンに使える腕時計の防水機能とは

サーフィン 腕時計 人気 おすすめ
サーフィン中に時間を確認するということは、腕時計に防水機能がないとダメです。

よく生活防水とか書いてある腕時計もありますが、それだとちょっとした雨ぐらいなら大丈夫ですがサーフィンには適しません。

なぜかというと、生活防水はだいたい2~3気圧が目安で、

日常生活での汗や洗顔のときの水滴、雨などに耐えられるものですが、水仕事、水上スポーツ、素潜り(スキンダイビング)、潜水には使用しないで下さい。
水圧の変化が激しい条件では使用しないで下さい。

引用:防水時計の種類と取扱い上の注意点を教えて | 日本時計協会 (JCWA)

サーフィンのように時計がガッツリ水に浸かるようなシュチュエーションなら、高い防水圧が必要になります。
10~20気圧のものは、

水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)及び素潜り(スキンダイビング)をされる方にお使いいただけます。

引用:防水時計の種類と取扱い上の注意点を教えて | 日本時計協会 (JCWA)

なので、サーフィンで使う腕時計であれば最低10気圧で100m防水以上がオススメです。

サーフィン中、腕時計で時間を確認するには見やすさが一番!!

サーフィン 腕時計 人気 おすすめ
海でサーフィンをしている時、時間が見にくい腕時計や瞬間的に時間が確認できない腕時計も…
サーフィンの腕時計は文字盤・時間が見やすくないとダメです!

たとえば、太陽の光でまぶしすぎて腕時計の文字盤が見づらい…
こういう腕時計は避けたいですね。

さらに、時計の数字が大きくて見やすいフォントがいいですね。
サーフィン 腕時計 人気 おすすめ

瞬間的に確認するにはAのほうが見やすいです。
Bだとサーフィン中にパッと見て確認できないと、次から次へとくる波に素早く反応できなくなってしまいます

瞬間的に腕時計の文字盤を見て、現在の時間を確認できるのがいいということです。

サーフィン中でもしっかりフィットする腕時計がいい

サーフィン 腕時計 人気 おすすめ
サーフィンをしている時はパドルをして沖に出たら、全身を使って波にのったりしてます。

その中で時計が自分の腕にフィットしてないと、サーフィンをしている時に腕時計がブレて気になってしまったり、パドルがしにくくなったりします。

なので、出来るだけ軽量で自分の腕にフィットした腕時計を選ぶようにしましょう!

腕時計を試着した時に色々腕を動かしたりして、どのくらい腕時計が動くのか、フィット感はどうなのかなどを買う前にチェックしておきましょう!

サーフィンに使える腕時計、湘南サーファーのオススメ5選を紹介

サーフィンに使える腕時計 お値段の比較

やっぱり値段も気になるところだよね~

詳しい価格はモデルにもよりますが、ここでは今回ボクが紹介した腕時計の価格です。

紹介したサーフィンに使える腕時計の価格  
NIXON ¥18,360
G-Shock ¥13,500
SHARK ¥13,824
RIP CURL ¥27,864
Vestal ¥16,632

RIP CURLがちょっと高いのが目立ちますね。
他はモデルにもよりますが、だいたい¥15,000前後ぐらいが相場のようです。
サーフィンの時と普段の街でも使えるというのも考えれば、かなりお得な価格だと思います。

サーフィンに使える腕時計 性能比較

各メーカー、各モデルによってスペックが細かく違っていきます。

いろいろ比較してみたけど全然わからない…

ぶっちゃけ、違いはそれぞれあるけど何がいいのやら全然わからない。

ということで、今回は「サーフィンの時に時計を使うことと、街でも使える」を前提に、何が腕時計に必要なのかを考えて4つ比較していきたいと思います。

比較① サーフィンに必須!防水機能

まずは一番重要な防水機能。
これはサーフィンをするには最低限なければいけない機能です。

ただ、そもそも時計は水に弱いということを覚えておきましょう!
〇〇気圧と〇〇防水のちがいはこちらを参照して下さい。
www.komehyo.co.jp

防水機能の比較
NIXON 10気圧/100m防水
G-Shock 20気圧防水
SHARK 100m防水
RIP CURL 100m防水
Vestal 10気圧防水

どれも表示がバラバラでよくわからない…

とにかく、サーフィンで使えるのか、使えないかで言ったらすべて問題なく使えます!
もし腕時計の防水をまったく気にしないで、安心して使いたいならG-Shockの20気圧防水がいいと思います。

ただ、ほかの10気圧防水のものや、100m防水のものでも普通に大丈夫なレベルですよ。

比較② 腕時計の時間の見やすさ

腕時計の数字の大きさ・見やすさ

NIXON:液晶表示 数字も大きく見やすい
G-Shock:液晶表示 数字がやや小さい
SHARK:液晶表示 数字が少し小さいが時間は確認できる
RIP CURL:液晶表示 数字も大きく見やすい
Vestal:液晶表示 数字も一番大きくとても見やすい

普通に街とかで腕時計として時間を確認するなら、紹介してきた腕時計は問題なく全部使えます。
ただ、海でサーフィン中に腕時計を使うのであれば数字が大きくて、見やすい腕時計がオススメ。

海の上では波がいつ来るかわからないから、パッと見て時間が見やすい腕時計がいいね~!!

比較③ サーフィン中でも気にならないフィット感

バンドの素材やサーフィン中の腕時計のフィット感

NIXON:バンドはベルトがしっかり固定できるダブルロッキングルーパー採用 調節も細かくできる〇
G-Shock:樹脂バンド 調節幅がやや広いがそこまで問題ではない
SHARK:ナイロンバンド 調節が細かくできるので手首にかなりフィットする◎
RIP CURL:樹脂バンド 調節とフィット感は△
Vestal:バンドの内側が凸凹になって、水の中でもしっかりホールドする独自のオートロックシステム採用 調整幅がせまく細かく調節できる〇

バンドもたかがバンドと思うかもしれませんが、サーフィンをしているときは腕をかなり動かすのでできるだけフィット感がある腕時計がいいです。

フィット感で一番いいのはSHARKで、NIXONとVestalも結構良いですね!

比較④おまけ 海だけじゃなく街でも!オシャレなデザインの腕時計

最後にサーフィンや海だけじゃなくて、普段の街でも使える腕時計がいいですよね?
一番おすすめなのが『NIXON』です!!

ボクもNIXONを使っています。
サーファーは海だけじゃなくて、普段でもオシャレでかっこよくいたいものです。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

サーフィンにも普段にも使える腕時計の比較まとめ

サーフィンに普段にも使える腕時計のポイント

①サーフィンに必須な防水機能

②腕時計の数字の見やすさ

③サーフィン中でもしっかりしたフィット感

④サーフィンだけじゃなくて普段でも使えるオシャレなデザイン