気になること

スタバがプラスチックストローを全面廃止へ!シッピーカップって?

スターバックス プラスチック製品 ストロー廃止
日本人も大好き、スターバックスコーヒーがなんとプラスチック製のストローを全面廃止することが決まりました!

最近、ニュースなどで海洋環境のプラスチックゴミが話題になっていますね。
ボクも湘南の海に入りますが、やっぱり一番多いゴミがプラスチック製のゴミです!

そのプラスチック製のストローを世界的にも有名なスターバックスが、全面廃止にする動きは業界だけじゃなく世間にもインパクトを与えているであろう。

スターバックスのプラスチック製ストローは徐々に拡大していく

スターバックス プラスチック製品 ストロー廃止
アメリカのシアトルやワシントン、カナダのバンクーバーから取り組みをスタートさせて、段階的にプラスチック製のストローを廃止していく方向。

2020年までに世界中のスターバックス店舗へと拡大していく。

すでにアメリカではプラスチック製のストロー廃止がスタートしているが、環境意識の高い人は代わりにスターバックスが用意したシッピーカップを使う人が出てきている。

これにより、年間で10億本以上のプラスチック製ストローを使わずに済むことになるという。

引用:スタバ、プラ製ストロー廃止 2020年までに全世界で:朝日新聞デジタル

プラスティック製のストロー廃止で新たに導入されたシッピーカップって?

デザインが完全に子供用のシッピーカップのようです。

スターバックス愛用者からはけっこういい反応も多いみたいです。

環境にもインパクトを少なくできるし、スターバックスにしてもコスト削減やイメージアップにもなるのでどちらにしてもいいですね!

スターバックスのプラスチック製のゴミってどのくらい出ているのか?

スターバックス プラスチック製品 ストロー廃止
ちょっと気になったので調べてみました。

世界に2万8000カ所あるスターバックス店舗では、推計10億本のプラスチック製ストローが毎年使用されている。

引用:
スタバ、プラスチック製ストローを廃止 2020年までに – BBCニュース

これがすべてリサイクルされればいいですが、かなり厳しいです。
現にこんな記事を見つけました。

科学者のデニース・ハーデスティ、クリス・ウィルコックス両氏は、5年間にわたり米国の海岸で採取されたごみを調査し、750万本のプラスチック製ストローが海岸に捨てられたままになっているとの推計を出した。

しかし、世界中の海や海岸に900万トン近くのプラスチックごみが行き着いているという、科学誌サイエンスに掲載された米ジョージア大学ジェンナ・ジャムベック教授の論文で示された規模は、それを大幅に上回っている。

備考:スタバ、プラスチック製ストローを廃止 2020年までに – BBCニュース

約10億本のプラスチック製のストローを使わなくなれば、ごみとして捨てられて海に流入することもなくなるでしょう。

【まとめ】スターバックスのプラスチック製ストロー廃止は良いことづくめでした

プラスチックは元をたどれば石油が原料だし、リサイクルできれば良いが現状ゴミになって海や自然界に捨てられていることが多い。

その元になる極力プラスチック製のものを使わないというのは、環境に与えるインパクトも抑えられるはずだ!

こうしたゴミをなるべく出さない、環境に与えるインパクトを少なくするというのはとても大切なことです。

大量生産、大量消費から価格が高くても質の良い長く使えて、環境に配慮したものがこれからは残っていくのではないでしょうか?

 

▼環境や自然に興味がある人は、こちらも読んでみましょう。▼
パタゴニア・プロビジョンってなに?食品から伝えたいこととは – Shonan Boy

パタゴニアからビールが!?美味しいか『ロングルートエール』をレビューするよ – Shonan Boy

家庭菜園をやりたい人へ。シェア畑の無料見学で分かった4つのメリット – Shonan Boy