お役立ち

【毛布と羽毛の掛け布団】どっちが暖かい?違いと正しい使い方を紹介

布団 毛布 使い方 違い
Shonan Boyのぺぺです。

めっきり寒くなってきましたね~。
今回はちょっと個人的に気になる、布団と毛布の使い方について紹介します。

それは布団の毛布を上にかけるのか、それとも毛布を中に入れるのか、というネタです。笑
「どっちでもいいわ!」という声も聞こえそうですが、この順番には根拠があるんですよ!

ボク自身は実家が普通に羽毛布団の上に毛布をかけていたので、それが普通なんだと思ってた派です。
でもある時、毛布を中に入れた方が肌触りも暖かいしいいんじゃないかと、ふとそう思ってそれをやってたことがあります。

しかし、一番あたたか効果がある順番は、体の上に羽毛布団で、敷布団の上に毛布をかけるでした。
「え~!!毛布は身体の上にかけていた・・・」という方はじっくり続きを読んでみてくださいね。

羽毛の掛け布団と毛布の違いってなに?

布団って?

布団 毛布 使い方 違い
布団ってフカフカしてて気持ちいいですよね~。
お天気のいい日に布団を干した日には、夜寝る時なんてほんと全然違いますよ。

そんな布団の中身は一体どうなっているのでしょうか?
そんなの考えないし、意外と知らない人多いですかね。

調べてみたら、布団の中身はいろいろな種類があるみたいです。
中身によっていろいろ長所・短所もあります。
簡単に布団を大きくわけると、天然繊維か化学繊維かになります。

ごく一般的な代表的な布団の中身は、天然繊維のめん綿です。
特徴としては、保温性と吸湿性があり、干すことによってふくらみ回復します。
しかし、重さがあるのが短所。

掛け布団の場合は、羽毛のものが多くこちらは軽くて保温性があるのが特徴です。

化学繊維に関しては、ポイレステルでできた綿で、保温性はあるが吸湿性が難点。
軽いという点や洗濯などあつかいやすいのも、長所です。

毛布は

布団 毛布 使い方 違い
冬になると押し入れから引っ張りだして、モフモフして暖かいのが毛布です。
空調とかで部屋を暖めてるから、毛布は使わないって言う人もいるのかな。

でも、真冬の朝とか冷え込むから毛布とかあった方がいいですよね。

毛布はいくつか素材の違いがあります。

代表的な毛布だと、

  1. 羊毛毛布
  2. アクリル毛布
  3. 綿毛布

があります。

一般的によく使われている毛布は、軽くて耐久性があって、安いのでアクリル毛布になります。

▼毛布をお探しの方はこちらをどうぞ▼
>> 包まれた瞬間からあったか~い【もこもこ毛布 moufu.jp】

それではあなたは、羽毛の掛け布団の中に毛布を入れる人ですか?それとも羽毛の掛け布団の上に毛布をかける人ですか?

あなたはどっち派??

羽毛の掛け布団と毛布はどっちが暖かいのか?

これはなかなかそれ単体で比べるのは難しいですね。

ただ、羽毛の掛け布団のほうが一般的に厚みもあり、なおかつ羽毛がたくさん入っている場合が多いので、羽毛の掛け布団のほうが暖かいのではないでしょうか。

※厚さや素材により一概にどちらが暖かいとは言えません

羽毛の掛け布団と毛布の正しい使い方

こちらをご覧ください。
布団 毛布 使い方 違い
出典:毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 | ねむりラボ

一番暖かい効果があるのは、

  • 敷布団の上に毛布
  • 一番上に羽毛の掛け布団をかける

一番ダメなパターンはボクがいいと思ってやっていた、一番上に羽毛の掛け布団で次に毛布をかけるという順番でした。
実家がやっていた、羽毛の掛け布団の上に毛布を掛けるのはあながち間違いではなかったようです。
これ意外と多くの人が掛け布団と毛布の使い方、間違えているんじゃないでしょうか?

ボクの羽毛の掛け布団と毛布の順番は

布団 毛布 使い方 違い
うちは湘南なので地域でいったら中間地区になると思います。

気温としては 関東の平均気温で1番寒いのが1月で、だいたい平均5℃ぐらいですね。
そんな条件下でのうちの布団事情は、羽毛の掛け布団がベースでさらにその上に毛布をかける。
あとは敷布団にも薄い毛布のカバーを付けます。

ただ、ボクが1番気になってたのは毛布を羽毛の掛け布団の上にかけるのか、それとも羽毛の掛け布団の中に毛布を入れるのかでした。
「どっちでもいいでしょ」と思う人もいるかもしれませんけど、結構暖かさに違いがあります!

まず毛布が羽毛の掛け布団の上にかけている場合

羽毛の掛け布団に入る瞬間、めちゃくちゃ羽毛の掛け布団が冷たいです!
もうね、冷た!!!
って感じで、

「寒いわーーーー!せっかくお風呂で温まったのにーー!」

最初はこんな感じで冷たい布団に無理やりもぐりこむのです。
あとから、自分の体温で羽毛の掛け布団があったかくなってきますけど、あの最初の「寒いわーーーー!」がツライ…

関連記事:>>【スーパー銭湯と銭湯の違いって?温泉が有る無し?2つを比較してみた

毛布が羽毛の掛け布団の中にある場合

毛布はもともとフカフカしてて肌触りもいいし、それだけであったかいので全然冷たくないし、寒くない!
ヒャッホーイって感じですかね。笑

「それじゃあ、毛布を中に入れたほうがよくない?あの冷たい感じがなくなるんだし。」

そうなんですが、うちの母親が言うには上に毛布をかけた方があたたかいと言っていたのを覚えています。
先ほども画像にあった通りなんです。
ですが、もう少し詳しく調べてみました。

暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。
羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

出典:毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 | ねむりラボ

確かに風邪で高熱を出して寝込んだ時、上と中に毛布を入れて寝たことがあるけど汗でビショビショになって気持ち悪かった経験が…

なので、羽毛の掛け布団の上に毛布をかけるのがいいですね!

ただ、注意点としては羽毛の掛け布団はふっくらしてないと保温性が失われてしまうので、毛布を上に掛ける場合はあまり重たくない毛布を選んでください。

▼毛布をお探しの方はこちらをどうぞ▼
>> 包まれた瞬間からあったか~い【もこもこ毛布 moufu.jp】

季節によって毛布の使い方を工夫する

布団 毛布 使い方 違い
一番賢いのは季節や気温によって、毛布や布団の使い方を変えるのがベストです。
例えば、秋口から冬の時期の肌寒いと感じるときは羽毛の掛け布団をかけてから、その上に毛布をかけるのがいいです。

さらに、一番寒い真冬の時はその布団と毛布の組み合わせで、敷き布団に毛布を敷くと最強になります。
イメージとしては下は毛布であったかく、上は羽毛布団であたためて、毛布でその保温性にフタをすれば保温効果抜群という感じです。

羽毛の掛け布団と毛布の使い方を正しく知って工夫しよう

いかがだったでしょうか?
毛布の使い方に関しては、多分半々ぐらいで別れると思います。
ただ、科学的に見ると羽毛布団が1番上にかけてある方が暖かさが逃げないというのが結論です。

なんでも物には意味があるんですねー!
全然気にしないで今まで生きてきましたけど、先人の知恵なんですね 。
なので、今年の冬は毛布を羽毛の掛け布団の上にかけて暖かくして、ぐっすり睡眠を取っていきましょう。

寒い真冬の日に少しでも参考になれば幸いです。

▼毛布であったかくしたい方はこちらをどうぞ▼

>> 羊さんみたいなモコモコ、新感触毛布♪【もこもこ毛布 moufu.jp】