サーフィン

【キャッチサーフビーターのレビュー】安くて軽いソフトボード【Amazon5万円台】

キャッチサーフ ビーター
  • もう1本ボードが欲しい
  • 浮力があって、でもそこそこの大きさの波も乗れる
  • 価格が安い
  • ソフト・スポンジボードだから子供でも使える

そんな方におすすめなサーフボードが、「キャッチサーフ」です。

前まで、ソフト・スポンジボードのイメージは初心者が初めてレンタルボードで使うボード、という感じ。
しかし、ここ最近ソフト・スポンジボードでも中級・上級のサーファーでも楽しめるモデルが販売されています。

「ソフト・スポンジボードって本当にいいの?」
そんな方が多いのでしょう。

ボクもソフト・スポンジボードなんてたかが知れている、初心者が使うボードだと思っていました。
でも、今ではキャッチサーフの魅力にはまっています。

今となっては迷って悩んでいた時間がもったいないですね。

この記事では、夏に大活躍してくれること間違いない「キャッチサーフのビーター」の魅力を紹介します。

キャッチサーフ ビーターのメリット①安い

キャッチサーフ ビーター
サーフボードは高い!
「サーフィンはやりたいけど、ボードが高そう」
「できるだけ安いサーフボードがいい」
この時代やっぱりまずは値段です。

キャッチサーフのビーターの1番のメリットはやはり「安さ」です。

どうしても普通のサーフボードだと安くてもショートボードなら、10万~15万ぐらいはします。
キャッチサーフのボードなら、スポンジボードなので値段が安く提供できます!
ショートボードなら大体3万ぐらいから、プロ仕様なら5,6万ぐらいが相場です。

お金がないサーファーには強い味方ですね。

「サーフボードって結構高いよね…」

キャッチサーフ ビーターのメリット②軽い

キャッチサーフ ビーター
サーフボードって結構重たいんですよね。
ショートボードならまだしも、ファンボードやロングボードになると結構重くて、持ち運びが大変なんていう方もいます。

せっかくこれから海でサーフィンを楽しむのに、入る前から腕が疲れちゃうなんてことも。

キャッチサーフのビーターはソフト・スポンジボードで長さも短いモデルなので、女性でも軽々持てちゃいます!
キャッチサーフのボードもちろん、その中でもビーターのモデルは一番軽いモデルです。

ビーターを使うだけで、サーフィン前と後の持ち運びがかなり楽になりますよ!!

キャッチサーフ ビーターのメリット③浮力がある

キャッチサーフ ビーター
サーフィンは波に乗ってなんぼです。

いくら海に行っても、波に乗れなかったら全然つまらないし、ただ疲れるだけ・・・
せっかくの休日のサーフィンでリフレッシュできるのに、波に乗れなかったら逆にストレスたまってイラっとしませんか?

ボクは全然波に乗れないと、そんな感じになります。笑

キャッチサーフのビーターはショートボードなのに浮力があってファンボードみたいな感覚になるので、ショートボードで波に乗れないっていうストレスとはおさらばできます!
サーフィンは波に乗れないことには始まらないので、ボードに浮力があって乗れる確率が上がるならそっちのほうがいいと思います。

「湘南の小さい波の時でも乗れちゃうよ」

キャッチサーフ ビーターのメリット④プロでも使える

ソフト・スポンジボードって、初心者向けのサーフボードでしょって。
でも、このキャッチサーフのビーターはプロのサーファーでも満足して使うことができるボードなのです!

ボクはあまりプロ仕様とかそんなに気にしませんが、幅広いサーファーが使えるってことはとても大事なことです。

「サブで1本あると便利だね!」

キャッチサーフ ビーターの動画

「クルクル回るのとか、フリップするのとか楽しそう!!」

キャッチサーフ ビーターのデメリット

メリットが目立つキャッチサーフのビーターですが、もちろん良いことばかりではありません。
買う前にしっかりデメリットも確認していきましょう。

デメリット① ボードに立つのが難しい

キャッチサーフのボードはすごく浮力もあるし、テイクオフも早いです。
ビーターもボードの長さがかなり短いにもかかわらず、浮力はあるし波もキャッチできます。

ただ、普通のショートボードより長さが短いので、慣れるまでは少し経つのが難しいです。

でも、何回かトライしているとそのうち慣れてきて、帰るころにはもう普通の感覚で立つことができます。
ちょっとしたコツとしては、すぐに立たないで少しためてから立つのと、重心を低くしたほうがいいですね。

デメリット② ボードから水がたれてくる

キャッチサーフ ビーター
ボクが実際に使ってから分かったことですが、ソフト・スポンジボードはスポンジ自体水を含むので時間がたつと水がボードからたれてきます。

なので、サーフィン後に洗ってタオルで拭いて部屋の中に立てかけておいていると、下が水でビシャビシャになります!

なので、対策としてはタオルでよくふいた後はバケツなどに入れておくといいかなと思います。
キャッチサーフ ビーター
だいたい、3~4日ぐらいはバケツに入れておいたほうが良さそうです。

「そのままにしないように注意しよう!」

キャッチサーフ ビーターのまとめ

キャッチサーフ ビーター
  • 安い
  • 持ち運びが便利
  • 浮力がある
  • 幅広いサーファーに使える
  • ボードに立つのが難しい
  • ボードから水がたれてくる

ソフト・スポンジボードとか言って、なめてましたがとても魅力的でした。

個人的には値段と軽さが一番うれしいポイントですね!
やっぱりサーフボードって値段が高い、でも安くてパフォーマンスも良い、そんなサーフボードにはお金お支払ってもいいですね。

ソフト・スポンジボードで普通のサーフボードみたいに壊れて直さないといけないとかもほとんどないと思います。

「夏に大活躍間違いなしだね!!」