SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shonan Boy

湘南の情報や時には熱く、これからの働き方や健康、栄養、経済のことまで。たまにゆるく思ったことも書いています。

実家がオレオレ詐欺に狙われた!そのやり取りと対策を公開

オレオレ詐欺 電話
あなたはオレオレ詐偽にあったことがありますか?

今日はボクの実家にもオレオレ詐偽がかかってきたというお話です。
前にも何度か電話でオレオレ詐偽があったみたいですが、久しぶりだったし犯罪防止・抑制のために今回の詳細を書いていきます。

ぜひ、みなさんも十分に注意して必ず本人に確認して下さいね!

オレオレ詐偽の現状

オレオレ詐欺 統計
被害概況
振り込め詐欺が多いのがわかりますね。

これは振り込め詐欺の中にオレオレ詐欺架空請求詐欺とかが含まれているということです。
平成20年からガクンと下がっていますが、ここ数年また増加傾向になっているみたいです。

オレオレ詐欺 統計 被害額
振り込め詐欺など最多559億円 14年、財産犯被害の半分 :日本経済新聞
こちらの資料では盗難は下がってきているみたいですが、特殊詐欺は2009年以降右肩上がりで増加しています。
こんなに認知度があるのにドンドン増加しているのはなぜなのでしょうか?
そこには現代の時代背景とか経済状況、さらには人間関係などが絡み合っているのではないかと推測します。

オレオレ詐偽の電話があった当日

母から急にLINEで「家に電話した?」というメッセージか来たのが始まりです。

その日は都内に行っていて、夕方にそのLINEを見ました。
こんな感じです。

話を聞くと、父が電話に出たらしく、俺だよ長男だよって言ってきたそうです。笑
ウケますよね。
長男だよって!!
他に言い方あるでしょ〜。名前とかオレとかさ。

そして、さらに友達の義理で第一生命に入ったから証書が送られてくるからって
父は何言ってんだよ、どこにかけてきてるんだよ?って言ったそうです。
その電話はそれで切れたそうです。

ま、結果ボクではない事は父は分かっていたみたいですが、その後すぐに母から確認のLINEが来たという事です。

そしてその次の日また

次の日の午前中にまた電話がかかってきたそうです!
今度は名前を言ってきたようです。笑
最初の「長男だよ!」は、いったい何だったんでしょうか?

生命保険の証書届いてる?って聞かれたそうなんですが、父はお前は誰に電話してんだよ!!って言い返したそうです。
ここで父は感情的になって僕じゃないのがわかっていたので、言い返してしまいましたが話に乗っても面白かったのかなと。

ただ、オレオレ詐欺でいう電話をするかけ子お金を引き出す出し子などは末端の末端なのでいくら捕まえても大元の黒幕は捕まらないようになっているそうです。
要するに、いくら電話をかけてきたかけ子や出し子を捕まえても、オレオレ詐欺などはなくならないというわけです。

では、どうすればいいのか?
捕まえてもだめならオレオレ詐欺のような手口にダマされなければ、こういった犯罪も少なくなってくるのではないでしょうか。

オレオレ詐偽の対策・予防

オレオレ詐偽 対策・予防
ボクが考えるオレオレ詐偽対策のポイント。

  1. 本人に確認する
  2. 他の人に相談、連絡してみる
  3. 日頃からコミュニケーションを取る
  4. 本人にしか分からない事を言ってもらう

順番に詳しく解説していきます。

本人に確認する

これが1番確実な方法です。
何はともあれいったん電話を切ってから、本人に連絡して下さい!
もし電話しても連絡が取れなければ、先ほどの電話はかなり怪しいと思って下さい。

だって、今さっき連絡して来たのにすぐ連絡取れなくなるなんておかしいですよね?

他の人に相談、連絡してみる

これもすごく大切ですね。
自分だけで決めないで他の人に話してみる。
警察でも、ご近所さんでも、友達でも、親戚でもだれでもいいのですぐに連絡が取れる人がベストです。
そこで一度冷静になれるし、他の人の意見も入るのでオレオレ詐偽に気づく可能性が上がります。
この一度ひと呼吸置くことがとても大事で、冷静に考える時間が出来ますので。

日頃からコミュニケーションを取る

あなたは子供と定期的に連絡を取ってますか?
逆に息子や娘にあたる人は、親にちゃんと連絡したりしてますか?

年齢が上がるにつれて親とは連絡を取らなくなったり、疎遠になる人が多い傾向があります。
とくに地方から都内などの主要都市に出てきている人。
すぐには帰ることも出来ない人は、定期的に電話で連絡を取るようにして下さいね。

本人にしか分からないから事を言ってもらう

秘密の暗号というか、言葉というかそんな感じです。
なんでもいいので何かこれを聞いたらこの答えとか、本人にしか分からない確実なことをあらかじめ話し合って決めておくのがおすすめです。
いくら電話越しで急いでいてもそのくらいは答えられると思いますよ。
答えられなかったり、答えたくないとかシブったりしたらその時点で怪しいので電話を切って下さい。


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回たまたま実家にオレオレ詐欺の電話があって、まだこんなくだらない詐欺が増えているのにはわけがあるはずだ、と思い記事にしました。
なぜ、オレオレ詐欺などは減らないのでしょうか?

ボクの個人的な意見としては、親と子のコミュニケーションが足りないのが一番の問題だと思いました。
日ごろから連絡をしたり、会っていればここまでオレオレ詐欺が増えることはなかったのではないでしょうか?

親は子供が困っていれば助けたいのは当たり前だし、そんな親心を悪用した許しがたい詐欺がオレオレ詐欺なのです。

今の時代背景や経済状況からこれからもこういった詐欺はなくならないのかもしれません。
ただ、対策をとって騙されないようにすることは出来ますね。
親と子の間でしっかりコミュニケーションをとるというのが、一番の対策と予防だと思いました。