Shonan Boy

Shonan Boy

湘南の情報や時には熱く、これからの働き方や健康、栄養、経済のことまで。たまにゆるく思ったことも書いています。

生活固定費を節約するには?節約削減できるポイントを紹介

生活 固定費 家計 お金
更新日:2017/03/12
Shonan Boyブロガーことぺぺでございます。

毎月毎月、生活しているだけで出ていくお金、そう生活固定費です。
あなたは毎月いくらぐらい払ってますか?

え?よくわからない?・・・
そういう人もいるかもしれません。なぜなら、特に意識して払ってる、っていうものが少ないからです。
でも、確実にあなたのお財布から毎月毎月払っているはずのお金です!!

今日は意識していなくても確実に出ていくお金、生活固定費について書いてきます。

自分の生活固定費を把握してみよう!!

生活固定費とは、普段の生活の中で毎月固定的に(外せないもの)出ていく金額のことです。

それではまずは何が生活固定費として、毎月毎月の生活しているだけで支出しているのか見ていきましょう。

  • 通信費(携帯、インターネット代など)
  • 食費
  • 住宅費(ローンや家賃)
  • 光熱費(電気、ガス、水道代)
  • 交通費
  • 生命保険
  • 洋服
  • 生活必需品
  • 教育費

ざっとこんな感じですかね。
普通に生活しているだけで、上の項目は必要ですよね。

生活固定費を節約したい!

できるだけ生活固定費は節約したいですよね!!
では、本気で削るとしたらどこからか?
順番に見ていきましょう。

格安モバイルへ変更

格安スマホ
まずは携帯・スマホの料金の見直しです。
料金というより大手3社のキャリア(ドコモ、Soft Bank、au)ではなくて、格安スマホやSIMフリーを使ったほうがいい。

例えば、一人8千円ぐらい次月携帯代を払っているとして、家族4人で3万2千円払ってると一年で約39万円です。格安スマホやSIMフリーを使えば一人の金額を半額以下にできるものも
かなりの節約になるし、その生活固定費が浮くことになります。

まずは携帯代・通信費はリストラ最有力候補に是非してみてください!!平均で2000~3000円ぐらいになるはずです。
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

住宅費や住み方の見直し

住宅 アパート シェアハウス
住宅ローンであれば、ローンの金利を値下げできるかどうかもう一度相談してみるのもいいかもしれません。
建ててしまったものはしょうがないので、あとはいかに金額を抑えるかだと思います。
東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive

賃貸の場合は、まずは大家さんとか管理している不動産屋さんに直接値段交渉をしてみましょう!!(更新のタイミングがいいみたいです)
少し家賃を下げてくれる時もあるようです。
るびこ(id:gu-none)さん、情報ありがとうございます

あとはおもいきってシェアハウスに住んでみるとか。
シャアハウスはいいことばかりですよ。
やはり一番は家賃が安いところですよね。
さらに、家具などほかの出費もかかりにくいメリットがあります。



自炊を心掛ける

料理 自炊
食費は工夫をすれば明日から節約・削減することができますね。
基本は家で食べるです。
外食はできるだけしないで、お昼もお弁当を作っていく。

ランチも一回女性なら1000円ぐらい、男性でも安くて500円ぐらいではないでしょうか?それが毎日週5日だとすると。
一か月でランチ代だけで女性なら2万円、男性なら1万円かかるということですね。

自炊はお金が浮くだけじゃなくて、健康にもすごくいいことです。
自分で作ったほうが安心して食べられるし、外で作られたものは食品添加物などが多いので。

生命保険はもう一度確認しよう

保険 相談 説明
生命保険はなんだか難しそうで、しかもめんどくさそうなのでとりあえずこのままでいいやっていう人も多いと思います。

なので、一度しっかり生命保険のプランを見直すといいですね。
生命保険を見直すと、すぐに金額として表れてくるのでおすすめです。

オシャレはしたい、でもそんなに服は買えない

ショッピング 買い物 おしゃれ
安いサービスだと9800円で毎月3着コーディネートしてくれる
エアークローゼット
www.air-closet.com
これで十分ですかね。

他にも2着こなし(4アイテム)で税抜き7,800円でスタイルストのコーデをレンタルとかもありますよ。

固定費節約って言っているのに、レンタルコーデを勧める理由は、確かに毎月の額は固定的に出ていきますがトータルで考えればレンタルのほうがお得なので載せました。
※ファッションが好きで毎月服とか小物とかを購入する人にはお得です。

あとはGUとかファストファッションのほうが安いって言う人もいると思いますが、確かに一時的には安いと思います。
ただ、長いスパンで見た時にはどうでしょう?
安い服ってすぐにダメになりませんか?

ボクの体験談を話すと、
某有名雑貨や服などを扱う○○良品の靴下を買ったことがあります。
3足セットのでした、値段は確か1,000円ぐらいでした。
普段はパタゴニアの靴下を使っているんですが、その時はデザインも良かったし、なにより価格が安かったので○○良品の靴下を購入しました。
そのあとしばらく使っていると、○○良品の靴下のゴムが伸びてきてしまったのです・・・
一方パタゴニアの靴下はというと、いまだにゴムも伸びてないし快適に履いています。

もう何年になるんだろう?笑
そのぐらい長いこと履けます。

何が言いたいかというと、
最初は高いけど物がいいものを買って、長く使えばそのぶん長い目で見たら節約になるのでお得かなと。
目先の安い金額より、先のことまで考えてある程度の金額を使えるかがポイントになりますね。

生活必需品は消費になっている

洗濯 毎日 消耗品
これが一番かかりそうですよね。
だって、一生死ぬまで生活必需品は使いますね?

急にシャンプー使うのやめたとか、歯を磨くのは今年で終わり、とかないですよね?笑
ということで、死ぬまで一生使い続ける日用品をどうやって節約していくかがかなりポイントになりそうですね。

ただ、使っているだけだと消費になるから、それを投資につなげられるととても理想的ですね。
色々な人にそんな話を聞いてみてください。何か手段があるかもしれません。
なかなかその手段を見つけることができない場合は、「出来るだけ無駄なものは買わない」ですね。
これはポジ熊 (id:pojihiguma) さんからのコメントでいただきました。
確かにそうですね、無駄なものを買わないというのもすごく大切です。


まとめ

いかがだったでしょうか?
普段あまり意識しない生活固定費はじつは盲点だったりするので、しっかり見直していきたいですね。

それで節約できそうなところはどんどんやっていきましょう!!
後回しにすると、いつまでたってもできませんからね。

あとはどちらにしろ収入を増やしていかないと、この先の経済状況や世の中の流れとかを考えても必要なことだと思います。