Shonan Boy

Shonan Boy

湘南の情報や時には熱く、これからの働き方や健康、栄養、経済のことまで。たまにゆるく思ったことも書いています。

ブログでバズるとは。果たしてこれをバズったというのだろうか?

シェアする

バズ・ライトイヤー

出典:http://img1.wikia.nocookie.net/
更新日:2017/05/17
Shonan Boyのぺぺ(id:akabaneyama150)です。

ブログにかかわっている人なら一度は聞いたことがある、この言葉「バズる」。
ボクは去年このブログを始めた頃に、正直なところ初めてこの言葉を知りました。

たまにブロガーのみなさんが「バズった!!」とか「バズらせるにはどうするか?」などの記事やコメントを見ることがありました。

ボクも去年の9月からこのブログをスタートさせましたが、この「バズる」ということを経験したことがありませんでした。
というのも、少し前の記事でこれはもしかして「バズった」というのではないだろうか?と思うことがあったので今日はこの「バズる」について書いてみます。

「バズる」って、どういうこと?

ハチ

まず「バズる」の由来は「Buzz」という単語からきているといわれています。

「Buzz」はハチが飛ぶときに出す音でブーンブーンって感じです。
ネット上でSNSなどで情報が拡散されて、一気にその情報を多くの人が集まってみている状態を、ハチが群がっているイメージが「バズる」といわれる表現になったそうです。

「炎上」と「バズる」の違いは

バズと炎上パニック

ブログやツイッターなどで「炎上」というのはどちらかというと悪いイメージですね。

例えば、あるブログの記事に対し

  • 怒りを感じたり
  • 間違いだらけのいい加減な記事だったり
  • 人のことを誹謗中傷したり

ですかね。

そういう悪い感情などが集まってきた状態を「炎上」というのではないかと自分は思っています。

逆に「バズる」は

  • 面白い
  • これはシェアしたい
  • 多くの共感がもてる

などどちらかというとポジティブなイメージで人が集まっている状態を「バズる」というのではないかなと。

わざわざ「炎上」させてアクセス数を集める方法もあるみたいで、「炎上マーケティング」などと言われているそうです。
なんで、相手がイラッとするような事や、誹謗中傷するようなことを狙って記事を書くのかなと思ってしまいますが。

ブログでバズりやすい記事とは??

まずはある程度の情報量は基本ですね。
ただ、文字数が多いから「バズる」のかというとボクはそうは思いません。

なぜかというと、上に書いた通り「バズる」とは『面白い、シェアしたい、共感が持てる』などからくるものが多いから。
文字数がそこまで多くなくても、「面白かった、これはシェアした!!」ってなれば「バズる」場合があります。
なので、少し人とは違った視点でものを考え、それを記事にすると面白くてシェアしたくなるバズりやすい記事が書けます。

あともう一つは、社会的に賛否両論あるテーマや内容は、一方の側面から切りすてる記事を書くとバズりやすい。
例えば、今回のボクの
安くて軽いASUSノートパソコン。【3万円前後】で買えちゃいました!! - Shonan Boy
ボクはこのASUSのノートパソコンは自分の用途的には、満足しています。

ただ、それに異論をとなえる人もいるわけですよ。
「そんなメモリーが少ないのはダメだ!!」とか「動作が遅すぎて使えない」とか色々なはてブやコメントありましたからね。
それが結果手的に多く拡散されて、「バズる」ということにつながっちゃいます。

ということで、一般的に見て賛否両論あるテーマをどっちか寄りで記事にすると、バズりやすいというわけです。

「バズる」で有名なブロガーさん紹介

まずはブログマーケッターのJUNICHIさん。
junichi-manga.com
ブログ開設から半年で22個、記事がバズったそうです。
すごすぎる!!
ブログ開設半年で22個バズ記事が書けたんですが、その秘訣を聞きますか? | ブログマーケッターJUNICHI

つづいてクソマジメゲスブロガーのあんちゃさんです。
www.mazimazi-party.com
あんちゃさんは下ネタや切り込んだ記事をブログで書いたりしているので、それが「バズったり」ときには「炎上?」したりもするみたいです。

最後にもう一人。無職のうさぎたんです。
blog.gyakushu.net
うさぎたんはバズってるというか、炎上しているような気もするけど・・・、はいすいません。
でも多くの方の共感を得ているのは間違いないのですかね。
この記事ははてブの数がすごいことになってます!!
国は、派遣切りされた30歳無職を本気で殺しにかかってきている件。 - 30歳からの敗者復活戦
ボクは「これからの働き方」もブログのテーマにしているので、この記事はとてもインパクトがありました。

バズるとどうなるのか?その影響は?

バズるとそれだけで、1万PVぐらいまでいくときもありますが、大体続いても3日ぐらい。
瞬間的にアクセス数が上がって、そのあとは右肩下がりです。

平均セッションも低く、瞬間的にブログを見てそのあと直帰していることが多いですね。

一般的にバズるとブログの底上げになるみたいで、そのあとアクセス数もバズる前より気持ちですがアップする傾向があるようです。

検索でも上位表示されやすくはなるようですが、それも記事の内容や質なども関係してます。

ボクのブログでバズった?体験

アクセス数バズる

ブログをスタートしてから5か月になりますが、初めての「バズ?」を経験しました。
というか、これを「バズ」と呼ぶのだろうか?
でも、いつもは700~800PVぐらいが平均で、それと比べると一日のアクセス数が7000PVぐらいだったのでこれはバズったと言っていいですよね?笑

なんといつもの10倍ですよ!!
ビックリしてすごいな~としばらく眺めていました。

そのボクの記念すべき初めてのバズった記事はこちら。
サブで購入したノートパソコンの記事でした。
www.shonanboy.net

特に狙ったわけじゃないし、購入したので純粋にレビュー記事を書こうと思って書いた記事です。
はてブも過去最高を記録したので、はてブで拡散されたのが原因かなと。

それにしても、その時は色々なコメントやいいねがすごく、1日経った次の日まで余韻が続いていました。
いつものブログのアクセス数に戻ったのは3日後でしたね。

ブログでバズった時に注意すべき事

これはバズった経験がある個人的に思ったことですが、はてブやコメントはあまり見ない方がいい。

『バズる』ということは、それだけ多くの人にシェアされたという事になります。
人の考えは様々で8割9割近くの人が良いということにも、少なからず反対意見の人もいるのです!

ネガティヴや批判的なコメントも絶対出てきますので、全然気にしない強いメンタルの持ち主以外は見ないのをおすすめします。

おわり

今回普通に書いたレビュー記事が結果的に「バズった?」事になりました。
その時は本当にビックリして、ただただはてブに「いいね」したりコメントしたりでした。

上でも書きましたが、この記事面白いとか、シェアしたいとか、共感が持てて分かるー!というような記事が多くの人に拡散されて結果的に「バズる」ということになるんだと思います。

出来れば炎上はしたくないですが、「バズる」のは狙てみてもいいのかもしれませんね(狙ったところでできないんですが・・・)。