SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shonan Boy

湘南の情報や時には熱く、これからの働き方や健康、栄養、経済のことまで。たまにゆるく思ったことも書いています。

もう限界!!「こんな人とは一緒に仕事をしたくない!」、3の特徴

海と料理が大好きなShonan Boyブロガーのぺぺです。

 

 

仕事だから仕方ないけど、プライベートなら絶対に嫌っていう人もいますよね?

でも、仕事ではなかなか働く人は選べないし•••

 

 

そんな「こんな人とは一緒に働きたくない!」、

僕の考える3の特徴と解決策をシェアします。

 

 

いつも怒っていたり、笑顔がない人

f:id:akabaneyama150:20160930111444j:plain

笑顔って大切ですねー。

女は愛嬌っていいますもんね。

はい、すいません。女性だけじゃないですね、みんな笑顔が大事です!!

僕なんて嘘でもいいから、口角上げて不自然じゃない程度に笑顔でいるようにしてますよ。笑

笑顔1つでコミュニケーションが円滑になったり、職場の雰囲気が活き活きとしてきますよね〜。

 

逆にいつも怒ったり、不満ばっかり言っていると、雰囲気は悪くなります。

そんなところで働くことも嫌になってきますよね。
笑顔の効果は、伝染すると思います!


みなさん、いつも笑顔でいますか?

鏡を見て笑顔を確認しましょう~!

 

 

自分のしたいことしかしない人(周りが見えない人)

f:id:akabaneyama150:20160930111748j:plain

これは僕自身経験したことがあることなんですけど•••

会社という組織で働いていてチームで働いているなら自分でしたいことしかしない人とは働きたくないですね!

 

もし、自分でしたいことしかしない人なら、自分でオーナーになって自分でやればいいと思う。

自分1人なら誰にも迷惑かからないし、自由に出来るんだからむしろそっちの方がいいですよね?

 

それでも、組織の中やチームで働くのであれば考えを少し変えなければいけないと思います。

 でも、こういう人って変えられないんだろうな~・・・

 

 

ありがとうを言わない人

f:id:akabaneyama150:20160930111227j:plain

あー、もうこういう人は1番最悪ですね!

っていうか、働く前に人として終わってますよ!

 

感謝の気持ちをあらわす「ありがとう」
という言葉は、言う方も言われる方も気持ちがよくなります。

ちょっとした言葉だけど凄く威力がある言葉ですね。

 

例えば、凄く忙しくて他の人に少し手伝ってもらったとしたら、嬉しいじゃないですか?助かった〜ってなりますよね?

そしたら、自然と「ありがとう」の言葉なんて出てきますよ!

 

ところが、この「ありがとう」がない職場があるみたいです。

上司が言ってくれる「ありがとう」の言葉がうれしくて、仕事をがんばる気持ちになったという人もいますね。

さらに、この人のためなら何かしたい、と思えるようになると思います。

 

当たり前だからこそ、感謝の言葉をちゃんと伝えましょう!!

 

 

解決策は

生理的に受け付けないのはしょうがないと思います!笑

でも、それ以外ならちょっと見方と考え方を変えると意外と大したことないこともあります。

僕が実践したことがあるのは、まずその人の嫌なこととかネガティブなことをノートに洗いざらい書き出す。

なんでも、いいです。

「アホだわ」、とか「なんでこのタイミングでそれなの!!」、とか「人の気持ちも考えないでさ~」とかなどなど

もっと過激なのでもいいですよ!笑

 

全部自分の中にたまったものをすべて出す感じで。

そうすると、まず自分の気持ちもスッとなるし、相手に対してもなんでそんなにイライラしていたんだろう、みたいになります。

 

そうすると、その相手に対して苦手だな、嫌だなという意識が少なくなるのでそれが相手にも伝わり、相手の意識も変わってくるのだと思います。

 

ネガティブなことはあんまり良くないんじゃないの?って言う人もいますけど、それを自分の中に貯めこんじゃうのが一番ダメですね。

一回だまされたと思ってやってみてください。

 

 

まとめ

この3つはどれも基本的なことですが、つい疎かにしてしまいがちです。

心当たりがある人もいるんじゃないですか?

 

もう一度自分の立ち振る舞いを見直してみてもいいと思います。

さらに、自分では気がつかないこともあるので第三者の関係ない人に聞くのも凄くいいと思います。

 

そして、嫌なことを自分の中に貯めこまない。

思っているとそれが相手にも伝わってしまうので、気を付けましょう~。