Shonan Boy

Shonan Boy

湘南の情報や時には熱く、これからの働き方や健康、栄養、経済のことまで。たまにゆるく思ったことも書いています。

収入源一つで大丈夫?幸せな人生を送るために知っておきたい7ポケッツとは

シェアする

今週は波が少し良さそうなのでワクワクしている、海と料理と食べることが好きなShonan Boyブロガーです。

 

f:id:akabaneyama150:20160926172638j:plain

 

みなさん、セブンポケッツって知ってますか?

 

まさかあなたの収入源…、1つじゃないですよね?

「今いい給料もらってる」から、とか「OLやってる」からって、だから何って感じ。

え、1つしかない…、という方は是非読んでいただきたい!

そんなセブンポケッツについてシェアしたいと思います。

 

セブンポケッツってなに?

f:id:akabaneyama150:20160926172712j:plain

音楽やってるユニット名じゃないですよ。笑

7つの収入を持とうという事なんです。

アメリカで生まれた収入の考え方で、収入源を複数持つ事によって安定化を図るというものです。

 

日本にはなかなかない考え方ですかね?

特に昔の働き方しか知らない人はほんとにアホですね。

リスクをできるだけ分散させるほうがよくないですか?

 

 

万が一に、備えよ常に

f:id:akabaneyama150:20160926173109j:plain

1つダメになっても他に6つあるならアタフタしなくなりますよね。

今の時代いつ会社が潰れてもおかしくないし、いつ解雇されるかもわからない、僕らはそんな時代を生きています。

 

さらに、病気けがで働けなくなる可能性ありますよね?

会社がそれを保証してくれることなんてないので、自分で準備するしかないんです。

 

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

親の世代、50,60代の人にどうしたらいいのか、聞くのはやめたほうがいいです。

だって、昔とは状況が違いすぎるので、今の50代以上の普通の人には意味がわからない事だと思います。

聞くのはちゃんと権利的に収入を取っている人や、複数収入源を持っている人に話を聞くといいですね。

 

彼らは時間的にも経済的にも余裕があるので親切に教えてくれますよ。笑

 

 

じゃあ、他のポケットとは

f:id:akabaneyama150:20160926180609j:plain

今の仕事にさらに警備の仕事、事務の仕事、ガソリンスタンドのバイト、カフェのバイト、雑貨のバイト、新聞配達のバイト・・・

はい、これでちょうど7つですね〜

 

 

でも、絶対無理!

っていうか、体壊すし、病気になるわー!

これだと労働収入しかないから、これにシステムを構築して権利収入をつくるようにするといいです。

 

ブログもこの権利収入には入りますよね。

役に立つ情報を記事で書いて、それが資産になってくるのです。

あとは、アフィリエイト、ネットショッピングのサイト運営、ネットワークビジネス、不動産、本の印税などそれに当たりますね〜。

 

収入には質がある事を理解した方がいいですよー。
それすらも分かってない人が多いですからね。

僕は柱の収入源をしっかりしておいて、少しずつ権利収入を増やしていくかたちがベストだと思います!

 

あ、忘れてましたけど

さらに、人工知能(AI)やグローバル化により今ある職業の半分ぐらいは無くなるでしょうね。

20年後には今ある仕事で無くなる仕事もたくさんありますね。

 

 

まとめ

忙しさにかまけて、家と会社の往復になってませんか?

何のために働いているのか考えましょう!

みんな幸せになりたいはずです。

 

日本の働き方は国がコントロールしているのでこの国はだめになったのです。

終身雇用という意味不明なシステムが導入され、能力が無くても年齢とともに収入が増えるという摩訶不思議なことがずっと行われているのです。

 

最近ここ数年ですよね「なんかそのシステムおかしくない」みたいな声が出てきたのって。

こんなぬるま湯にいつまでも浸かっているから日本の技術やシステムは世界にドンドン抜かれて、しまいには台湾の会社にシャープが買われてしまうようなことになっちゃうんです。

 

今まさに組織からに移ってきています!!

この流れに乗る人は乗るけど乗れない人は乗れなくはっきり二極化するでしょう。

 

 

どちらがいいですか?

すべては自分で決められることなのです。

まずは自分で考えることから始めましょう!

そして準備しましょう!!

 

 

7ポケッツはその一つの手段だと思います。いきなり7つは難しいと思いますが、一つでもいいので自分の好きなことから仕事にしてみてはどうでしょうか?